一日の目標水分補給量

 

みなさん、こんにちは!

 

札幌市手稲区の筋膜整体とビワの葉温灸で慢性腰痛・肩こり・冷え症を根本から改善する、整体TAOTAOの院長のヨシノブです。

 

いつもブログを見ていただいてありがとうございます!そして、ご紹介の襷リレーも日々拡大中!!おかげさまでたくさんの方々のカラダを診させていただけること、その方々の健康に携われることに感謝しています。

 

今日は水分補給についてのお話です。日頃から水分をしっかり取りましょう!って言われていますが、実際問題一日にどれくらいの量を取ればいいのか?具体的な数字を使って説明したいと思います。

 

まず水分がカラダにとって必要な理由からです。人のカラダの60%が水分といわれるように、カラダには欠かせないモノです。酸素や栄養素を運ぶ血液も半分以上が水分で構成されていますし、筋肉・筋膜・内臓などを構成する細胞も大部分が水分です。そして、カラダにとって不必要となった老廃物を、汗・尿・便として外に排泄するのにも水分が必要です。水分が不足すると、カラダは干からび毒素や老廃物が体内に蓄積されている状態になります。

 

ここから具体的な数字で解説していきます。まず一日の摂取量と排泄量が一定になるように調節しなければなりません。健康なカラダの平均的な排泄量が約2,5リットルと言われていますので、その分は最低でも摂取しなければなりません。

 

【排泄量の内訳】

 

・尿 ⇒ 約1,4リットル

 

・便 ⇒ 約0,2リットル

 

・不感蒸泄 ⇒ 約0,9リットル

 

※不感蒸泄とは、呼吸や皮膚から目に見えない形で体外に排泄されている水分

 

【摂取量の内訳】

 

・飲料水 ⇒ 約1,2リットル

 

・食事 ⇒ 約1,0リットル

 

・代謝水 ⇒ 約0,3リットル

 

※代謝水とは、タンパク質・脂質・糖質が体内で代謝されてエネルギーとなるときに生み出される水分

 

摂取量が少なければ、排泄量・特に尿量を減らして体内の水分量を自動的に調節しているわけですが、生命を維持するために減らすことのできない排泄量がありますので、その量は最低でも補給しなければなりません。

 

【減らすことのできない排泄量】

 

・老廃物を排泄するのに必要な最低尿量 ⇒ 約0,5リットル

 

・不感蒸泄 ⇒ 約0,9リットル

 

※そこから、代謝水の分の約0,3リットルを引いた量が、最低必要水分摂取量の約1,1リットルになります。

 

先に述べた、健康なカラダの平均的な摂取量の飲料水の量(約1,2リットル)とほぼ同じになるわけです。即ち、一日の目標水分摂取量は1,2リットルと示すことが出来ます。一度にその量を飲むのは大変ですので、理想のタイミングを提案していきます。

 

食事をするときにコップ1杯(150200ml)飲むようにすると、3回食事をすれば約500mlになります。起床後すぐにコップ1杯と入浴後にもコップ1杯を飲むようにすると約350mlになり、食事との合計で850mlになるので、残りが約350mlですので日中にペットボトル1本分を飲みきるようにすると十分な量を補給できることになります。

 

ポイントはこまめに飲むことです。人のカラダは体重の約1%の水分を失うと喉が渇くように設計されているので、50kgの人は500mlなのでペットボトル1本分になります。これを一度に補給してしまうと、急に血液の濃度が薄くなってしまうので、調節するために水分を体外に排泄しようとして尿を出すように働きます。すると、せっかく補給した水分が排泄されるので意味がなくなってしまいます。ですから、こまめに飲む必要があるのです。

 

干からびてカサカサのカラダにならないようにするために日頃からこまめに目標1,2リットルの水分を摂取するようにしましょう!

 

それでは、また明日~