チョコレートの健康効果よりも・・・

 

みなさん、こんにちは!

 

札幌市手稲区の筋膜整体とビワの葉温灸で慢性腰痛や肩こりを根本から改善する、整体TAOTAOの院長のヨシノブです。

 

いつもブログを見ていただいてありがとうございます!そして、ご紹介の襷リレーも日々拡大中!!おかげさまでたくさんの方々のカラダを診させていただけること、その方々の健康に携われることに感謝しています。

 

 

 

今日は朝から雨が激しく降っていますので、来院の際は気をつけておこし下さい。

 

 

 

今、ハイカカオといってカカオ含有量の高いチョコレートが身体にイイとブームになっています。甘すぎないビターなやつです。特にカカオ70%以上のものが身体に良い効果をもたらしてくれるみたいですよ。カカオに含まれるポリフェノールが、血管の壁を柔らかくし、血圧を下げ、善玉コレステロールを増やしてくれたり、チョコレートの味や香り、口の中でとろける食感が、リラックス効果と幸福感や精神安定作用ももたらしてくれることから、うつ病への効果も期待できるみたいです。

 

 

 

しかし、ブームの裏では、世界的なカカオの枯渇問題があることをご存知でしたか?チョコレートの原料のカカオ豆の栽培が、地球温暖化に伴う環境の変化の影響で、生産量が減っていることに加えて、カカオ豆というものが栽培するのに手間がかかり、単価も安いため、生産者が減っていることもあるみたいです。そこにきて、発展途上国の経済成長により、今までより多くの国でチョコレートが食べられるようになったので、生産量より消費量の方が多くなってしまっている状態らしいです。このままでは、チョコレートが超高級品になってしまう日がくるのも、そう遠くないかもしれません。

 

 

 

一部の健康食材を摂取するような健康意識ではなく、運動習慣や栄養バランス、自分にあったストレス軽減法などを総合的に考える、本来の健康を求めることを目指していきたいものですね。

 

 

 

それでは、また明日~