血糖値スパイク

 

皆さん、こんちは!

 

札幌市手稲区の慢性腰痛や肩こりを根本から改善させる筋膜整体を行う整体TAOTAOの院長のヨシノブです。

 

本日の午後7時半からNHKで『血糖値スパイクが危ない~見えた糖尿病・心筋梗塞の新対策~』という番組が放送されます。

 

食後は血糖値が上昇するのは誰でも当然ですが、その上昇の仕方が急上昇してしまうと、活性酸素という毒素を持った物質が作られやすくなります。その結果、血管の内壁が傷つきやすくなり、それを修復しようと免疫細胞が多く集まってしまうことにより血管内が詰まりやすり、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるということです。

 

困ったことに、この血糖値スパイクは通常の糖尿病検査では判明しないそうです。

 

ですが、食生活を改善すれば防ぐことができます!まずは、糖質をできる範囲で制限することです。砂糖やお米、麺類に代表される糖質は必ず血糖値を上昇させるからです。糖質を制限する代わりに、肉類を代表とするタンパク質を積極的に摂取し、同時に野菜やキノコ類に多く含まれる食物繊維やビタミン、ミネラルも摂取します。

 

そして、大切なのはこれらを食べる順番です!まず、野菜を食べて食物繊維を取ることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。次に肉です。肉の脂質とタンパク質は胃の働きをゆっくりにする作用があります。最後に糖質を取ります。すると、食物繊維の働きで血糖値の上昇が緩やかになり、肉に含まれる脂質とタンパク質の作用で胃の働きがゆっくりになりますので、最後に糖質を取ってもできるだけ急上昇を防ぐことができます。

 

実は僕も食べる順番をこのように変えて、糖質をできる範囲で控えただけで、体重が16kg落ちてリバウンドもしていません。

 

興味があったら実践してみてくださいね!

 

それでは、また明日ヽ(´▽`)/