施術をする準備

 

皆さん、こんちは!

 

札幌市手稲区の慢性腰痛や肩こりを根本から改善させる筋膜整体を行う整体TAOTAOの院長のヨシノブです。

 

よく施術中に『先生は肩こったり腰痛くなったりしないの?』って聞かれます。施術すると集中しているので疲労はありますが、どこかカラダが痛くなったり辛くなったりはしませんよ。

 

患者さんに施術をする前に自分自身のカラダを整えます。具体的には体軸筋と言われるインナーマッスルが主体に働き、アウターマッスルの余計な緊張を落としたカラダになるよう身体意識を高めます。そうすることで各関節可動域が広がり、無駄な力が入らないことでカラダがしなやかに動かすことができるからです。

 

このように自分自身のカラダの軸が整った状態でなければ、患者さんのカラダに触れても根本的な原因を把握できなかったり、手技に力みが生まれ適切な刺激でなくなってしまいます。結果的に満足な施術を行えず患者さんに迷惑をかけてしまうことになります。

 

僕の自論ですが、自分がカラダの不調で苦しんでる人に他人のカラダの不調を楽にできますかね?僕が受け手の立場なら、まず自分のカラダを治せよ!って思います。太ってるダイエットトレーナーが他人をダイエットさせれますかね?何を言われても説得力ないですよね。()

 

自分のカラダのことを一番わかるのは自分です!身体意識を高めることで自分で自分を治すことが出来るようになります。

 

写真は脇を上手に使う為のワークの『立甲』です。これが出来ると肩関節のインナーマッスルがバランスよく機能し肩関節の安定化や運動パフォーマンスの向上につながります。ちなみに、陸上短距離のスーパースター“ウサイン・ボルト”もスタートの両手を地面につけた姿勢の時に立甲してましたよ。