筋膜って何?

 

皆さん、こんちは!

 

札幌市手稲区の慢性腰痛や肩こりを根本から改善させる筋膜整体を行う整体TAOTAOの院長のヨシノブです。

 

今日は筋膜って何?って話です。

 

最近ではテレビや雑誌などのメディアで『筋膜』を取り扱うことが多くなりましたが、そもそも筋膜がカラダにどう影響してるのかということからですね。

 

簡単に言うと、カラダは筋膜という名の全身タイツを皮膚の下に着ている状態なんです。サイズがぴったりで伸縮性も十分あるので、カラダを動かしても締めつけ感や窮屈感は全くございません。しかし、このぴったりサイズの筋膜がどこかで固まってしまったり癒着してしまったりすると、途端に動きが窮屈になったり違和感や痛みとしてカラダのどこかで現れます。癒着が一箇所とは限りませんし、癒着した箇所が痛くなるとも限りません。例えば、あなたが全身タイツを着ているとして、それが筋膜だとしましょう。左手で右の横っ腹の部分をギュッと掴みます、その状態で右手をバンザイしてみましょう。動きが制限されますよね?こんなことがカラダで起きているんですね。腰やお腹周りの癒着が原因で肩の痛みが現れているという感じです。しかし、この腰やお腹周りの癒着自体が足の癒着が原因でおこっていることもあるんです。複雑ですよね?でも複雑に関係してるからこそ全身が連動した『しなやかな動き』が可能になるわけです。

 

そして筋膜の癒着の原因は、あなたのカラダの使い方や癖によって引き起こされることが多いです。他には加齢により水分量の不足も関係しています。筋膜を構成する成分はタンパク質の一種であるコラーゲンと水です。日頃から適度な運動(おすすめはウォーキング)とバランスの良い食生活や水分補給を心がけることで、筋膜が癒着しにくいカラダを取り戻すことができると思いますよ。

 

それでは、また明日~ヽ(´▽`)/